一流の人脈を引き寄せる出逢いの教科書ー内気な若者が自分を変えた6つのステップ

一流の人脈を引き寄せる出逢いの教科書ー内気な若者が自分を変えた6つのステップ

出会いの教科書アマゾンキャンペーン

原田翔太の新刊、出ました。

神田昌典が原田翔太に推薦した理由。人脈本

購入する

*"あえて"、本の中にも書いてある「家賃4万円の自宅」からお届けしています。詳細は本で。

1章 人脈オンチ、人脈に目覚める。
-世にはびこる人脈バカ
-人脈の原点は、「自分」を知ること
-付き合っていい人、いけない人の見分け方
-人脈を引き寄せる5つの魔法
-人脈には2通りのパターンがある!・・・etc

2章 ありえない人脈術の基礎知識 .自分史と会いたい人リストの話
-自分を知ることから人脈づくりは始まる
-まっさらなノートを用意して、自分史を書く
-4つのマトリクスから過去を振り返る
-本当の自分が分かる「マジカルクエスション」
-自分史づくりを助けるツール
-会いたい人リストが出逢いを引き寄せる!
-会いたい人リストが引き寄せた出逢い①(敏腕WEBディレクター)
-会いたい人リストが引き寄せた出逢い②(金持ち兄さん)
-なぜこのような魔法が次々と起こるのか?・・・etc

3章 会いたい人と出逢える! 人脈構築の6つの魔法
-会いたい人たちに会う具体的な6つの魔法
-コミュニケーションには2通りあることを知る
-つかみが肝要。交流会という「接近戦」でのつかみの技術
-「人脈」に潜む甘いワナ「YES」に気をつけろ
-名刺はTPOに応じて、使い分けろ!
-オファーのない「会いましょう」はありえない・・・etc

4章 「人脈力」で出逢いを引き寄せる!本質的な人脈力をつけるためのジブン進化論
-人脈力で引き寄せる出逢い
-20代の人脈力のつけ方
-手伝えることがあるなら相手の懐に飛び込んでみる
-百戦錬磨のベテラン経営者が、若僧を懐刀として起用した理由
-温故知新で付き合いの幅を広げる方法
-人のグレーゾーンを許す
-自分の出逢いキラーフレーズを持つ
-「コトバンク」が生む出逢いの力
-ザイオンス効果で生まれる信頼関係
-自分のテリトリーをベースにブログを書き続ける
-与える情報がない! という場合は
-異質を経験して自分の中に異質を受け入れる器をつくる
-ぜいたくをするのではなく、身につけるべきは「振り幅」
-あなたはすでに十分な知識を持っている
-なぜあの人は圧倒的な「コア」を持っているのか?
-小さなプライドは捨ててしまえ
-エッヂを立たせるには嫌われる
-はたらく意味。「はたらく人の仕事」とは?
-年商数億を捨て、月給18万を手に入れた男の話・・・etc

5章 無限に広がる人脈の法則 .感謝リストが生む人脈の善循環へ突入せよ
-逆転発想の人脈術
-出逢いの大切さを知る「感謝リスト」
-善循環を生む、返報性の法則
-キーパーソンとの付き合い方・・・etc

-あとがき
-参考文献一覧

購入する

 

出会いの教科書アマゾンキャンペーン限定特典

アマゾンキャンペーン期間中に、「アマゾンで」お買い上げいただいた方に、下記の特典を応募者全員にプレゼントしています!12月25日、26日の2日間限定特典。このチャンスに、ぜひ「出逢いの大学」と、貴重な特典を手に入れてください!

tokuten01.gif

今回のアマゾンキャンペーンのために、特別に作成しました!インターネットでガンガン人脈を作り、実際のビジネスや、生活の中で役立つ人脈に変える方法を解説した、極秘講義MP3を無料でプレゼントします!(MP3ファイル 約45分)

tokuten02.gif tokuten02_jibunnnomoto.gif

視点が変わった!行動が変わった!発想が変わった!そんな感想が毎日のように届く人気メルマガ「原田翔太の毎日がブレイクスルー」のバックナンバーから厳選した100の言葉をまとめたPDFレポートをプレゼント!行動する習慣作り、ペースメーク、モチベーションアップ。ブレイクスルーしまくる日々をこのレポートで作っていきましょう。ハラショーの素、おすそわけ!

comment_iwasaki.gif
購入する
出逢いの教科書キャンペーン
記入ミスが多くなっております。必ず正しいメールアドレス、本名がご記入されているかご確認ください。

メールアドレス  
お 名 前  
Amazon注文番号記入欄  


 
  • 「具体化」「フレームワーク」は繰り返しどの本にも出てくるキーワード

    自立Logbook様

    人生半分終わった私がようやく気づけたこと、そして未だ気づけてないことを この若さで習得している著者は、若々しさに溢れた言葉を使いながら、年配の人の放つような地に足のついた内容を書いている。人の経験や知識の深さというのは、その人の過ごした時間の長さだけでは計れないとつくづく感じた。身の周りに起きる出来事の意味を深く考え、原因と結果を常に念頭において観察して、濃い人生を生きているのだろうと推察できる。人が集まって、一つの目標に向けてそれぞれの持つ能力を合わせ、動くときのエネルギーの高まり、波動の大きさ。そういうものを渇望してもいる。そういう繋がりをつくれる人との出会いを内向的な人間でも引き寄せられるの?!

  • スゴイ・・・スゴすぎる

    彩木香里様

    思わず手にとったこの本、現役大学生が書いたもの。スゴイ・・・スゴすぎる。タイトルの通り『出逢い』『会いたい人と出逢う』ための本だと思います。真面目な出逢いですよ。仕事をしていてもよくありますよね。~さんと一緒に仕事がしたい、~さんの仕事がしたい。芝居をしていてもあります。~さんに出演してもらいたい、~さんに~をお願いしたい。恋愛でもあるかも・・・いや、あります。~さんに会いたい。漠然と思っているのではなく行動すること。やっぱりそれを痛感した本でした。この本に書かれてあった 仕事観の見つけ方。自分史を作って座標軸に今までやってきた仕事、バイトを書き込んでいきます。すると、ビックリするほど 自分の仕事観が浮き彫りになります。だいたい予想してたけど、予想以上の現実に笑いが出るほどでした。こうしてハマってしまう私は、参考文献のページにあった原田さんオススメの本を片っ端から読みまくるのです。

  • 人脈には「プル型」と「プッシュ型」がある

    人気ブロガー養成講座 鹿田尚樹様

    原田さんの著書は「参考文献」が明確なんで、 個人的に好きなんです。この本を読んで「さすがだな」と感じたのが、人脈には「プル型」と「プッシュ型」があるということを書いているところ。一般的には「プッシュ型」から入る一般ビジネスパーソンが多いかもしれないが、本当に考えなければいけないのは「プル型」の人脈術です。あとは「自分を知る」ことは重要です。とはいっても、その方法がなかなかわかんないんです!っていうところに、「自分の棚卸し」をするめの「自分史」を使ったワークが紹介されています。この方法は、かなりオススメです。本当は「客観的」に見にくい自分を「客観的」に見れるワークになっています。

  • 最近の人脈本の中ではトップの評価をしたい

    FC2ブログ様

    読了後、著者のファンにならざるを得ない一冊だった。「当たり前のことを当たり前にやることが大切だ」と言う人は少なくは無いだろう。しかし、それを実践出来ている人は?と言う人はどれだけいるだろうか?また、その「当たり前」のことをやるために、「当たり前に」何を考えるべきか?「当たり前に」どう行動すべきか?「当たり前に」どう結果を出すべきか?と言うことが、具体的かつ真っ直ぐな視点で述べられている。単純にヒントを与えるだけでなく、実践論も説かれている。その実践論たるや、「クレクレ君」ばかり集まっている異業種交流会に来ている人間とは正反対のやり方だ。「もしも自分が、自分が会いたいと思っている人だとしたら、しかも成功者だったりしたら、どういう人が自分にコンタクトをとってきてくれたら嬉しいだろう?」「人を助くる者は自らを助くの精神」と言う一貫性をもったテーマをベースに。ぶっちゃけ、舌を巻いた。多くの人に読んで欲しい、良書である。

  • グイグイひきつけて最後まで一気に読ませる本

    読者メモ様

    思わず手にとったこの本、現役大学生が書いたもの。スゴイ・・・スゴすぎる。タイトルの通り『出逢い』『会いたい人と出逢う』ための本だと思います。真面目な出逢いですよ。仕事をしていてもよくありますよね。~さんと一緒に仕事がしたい、~さんの仕事がしたい。芝居をしていてもあります。~さんに出演してもらいたい、~さんに~をお願いしたい。恋愛でもあるかも・・・いや、あります。~さんに会いたい。漠然と思っているのではなく行動すること。やっぱりそれを痛感した本でした。この本に書かれてあった 仕事観の見つけ方。自分史を作って座標軸に今までやってきた仕事、バイトを書き込んでいきます。すると、ビックリするほど 自分の仕事観が浮き彫りになります。だいたい予想してたけど、予想以上の現実に笑いが出るほどでした。こうしてハマってしまう私は、参考文献のページにあった原田さんオススメの本を片っ端から読みまくるのです。

  • この本は派手ですが、間違えなく人脈術が広がります。

    金の卵を産むダチョウの育て方様

    実は3年くらい前に某有名情報起業家Hさんのご紹介で 僕はお会いしております。その時に受けた印象は切れ味のあるトークと圧倒的な実績から、裏付けられたノウハウを語る強烈な印象でした。それでいてとても謙虚で情熱的な人でした。当時はまだ世の中に知られていなかった彼ですが、その後みるみると頭角を現して、今ではその人ありと言われるまでになっています。そんな彼がどうやって人をつなげて、ビジネスを加速させてきたか?その人脈術の秘密を語りつくしています。

  • 著者のファンにならざるを得ない一冊

    NESSUN DORMA様

    「当たり前のことを当たり前にやることが大切だ」と言う人は少なくは無いだろう。しかし、それを実践出来ている人は?と言う人はどれだけいるだろうか?また、その「当たり前」のことをやるために、「当たり前に」何を考えるべきか?「当たり前に」どう行動すべきか?「当たり前に」どう結果を出すべきか?と言うことが、具体的かつ真っ直ぐな視点で述べられている。単純にヒントを与えるだけでなく、実践論も説かれている。その実践論たるや、「クレクレ君」ばかり集まっている異業種交流会に来ている人間とは正反対のやり方だ。「人を助くる者は自らを助くの精神」と言う一貫性をもったテーマをベースに。ぶっちゃけ、舌を巻いた。多くの人に読んで欲しい、良書である。

  • 実践する気のある人には超参考になると思いますよ

    フォトリーディング@Luckyになる読書道様様

    原田さんの前書を読んだ時にも思いましたが、本書も同様に「まっとう!」な本であると感じました。そして情熱的なのも一緒。本書にもあるように「エッジを効かせる には嫌われる」を、本の中でも感じることができます。まずは自分を知るところから、というものはどの人脈本も一緒です。本書はかなり具体的に書かれており、最初のステップを踏み出しやすくなっているのも好印象です。また、なんといっても実際に人脈作りに使ったメールをそのまま 載せているところが良いですね。実践する気のある人には、超参考になると思いますよ。

追伸

あなたがあなたらしくいられて、なおかつ自動的に出逢いがドンドン吸い寄せられてくる。あなたを、人脈持ちにして、自分の人生を見事なまでに好転させる。一言でいえば、人脈について今、モヤモヤがかった不透明な視界を、霧が晴れたようにクリアにする。

それがこの本の目的です。

できっこないだろって?

大丈夫ですよ。

だって、私自身が、誰より「人脈ムリ。」だったんだから。

今、このまえがきを書きながら、本書を通じて一人でも多くの人が人脈への苦手意識を克服し、本当の人脈とは何か? 自分なりの答えを見つけ出し、出逢いを引き寄せる人脈の達人に変身させたい。そのために必要なことをこの本で全部お話ししたい。そう思っています。

こんな人たちに、この本を読んでほしいなと思って筆をとりました。

  • ■自分に自信がない。
  • ■自分には人脈づくりなんて無理なんじゃないかと思っている
  • ■あふれかえる名刺の割に実りのある付き合いが生まれない
  • ■重要なキーパーソンと思える人が周りにいない
  • ■仕事に追われていて人脈のことなんて考えたこともなかった
  • ■学生だから人脈なんてまだ先の話だと思っている
  • ■仕事力には自信があるのになぜか人脈がない
  • ■たくさんの人脈本を読んだが一向に新しい出逢いが生まれない
  • ■効果的で即効性のある人脈のつくり方・育て方・拡げ方が知りたい
  • ■誰か面白い人いない? が口癖だ

きっとこんな人たちも、この本を読み終わった後には、動き出さずにはいられなくなると思います。

 

著者プロフィール
原田翔太

原田翔太

マーケティングコンサルタント&クリエイティブディレクター。
株式会社ユナイテッドリンクスジャパン 代表取締役社長
株式会社ウィルゲート社外取締役兼SEO研究所所長
そのほか現在数社の事業会社経営顧問及び、協会理事職を務める。
上智大学文学部中退、早稲田大学7年次在学中の現役大学生。

19歳の時に実家の一室にて、パソコン1台、身体一つのみで英語翻訳者として起業。
その後ウェブサービス運営を通じ、若干22歳にして単身で1億円を超える売り上げを叩きだし、ネット界の風雲児と称される。

小さな町の商店から、誰もが知る有名企業まで、ネットを使って、少ないリスクで、大きなリターンを生み出すためのネット戦略を指導。クライアントも、ウェブ制作会社、システム開発会社、通信系企業、などのIT系のとどまらず、宝飾、アパレル、人材、食品、化粧品など幅広い。瞬時に最適な戦略を見極め、ユニークで即効性の高い戦術を提供できる「ネット企業の懐刀」的存在として重宝される。

その手腕を買われ、2007年より経営参画した株式会社ウィルゲートでは、常務取締役兼最高マーケティング責任者として、SEO業界最後発参入だった同社を、「2008年度日本のベストベンチャー100」選出させるなど、短期間のうちに業績アップに導いた。(現在同社では社外取締役を務める)

処女作「ありえないマーケティング」では、誰にも決して推薦文を書かないと定説だった日本一のマーケター・神田昌典氏より「ついに20代から本物のマーケターが生まれる時代になった!10年前の私がもし今、マーケティング本を書くならこうなる!」と評される。

1年持てば良いといわれる変化の速いウェブビジネス界において、その普遍性の高いパワフルなメソッドが幅広い指示を集め、その実績から24歳の現在で既に若手NO1コンサルタントとの呼び名が高い。

現在4万5000人が購読する人気メルマガ「原田翔太のココだけの話」を発行。
実践に裏付けられた鋭い視点が、向上心溢れる大学生から、若手ビジネスマン、経営者層まで幅広い層から支持を集めるなど、若きオピニオンリーダーとして、講演や執筆活動を展開。

趣味は音楽と、コーヒー、歴史探索と寺めぐり。

著書に『22歳の大学生が1億稼いだ ありえないマーケティング』(インデックス
コミュニケーションズ)、『雪だるま式にあなたの年収がどんどんアップする 
ありえない仕組み』(アスペクト)など。

商品名 一流の人脈を引き寄せる出逢いの教科書ー内気な若者が自分を変えた6つのステップ
出版社 ビジネス社
価格 1500円(税込)
コメント 就職活動中の学生、新卒サラリーマン~30代中盤ぐらいまでの若手ビジネスパーソン、起業志望者、現役起業家、人脈型営業が求められる営業マン、士業・コンサルタントの方向け
  • *ご購入の際には特定商取引法に基づく表記をご一読・同意の上お願い致します。
購入する
出逢いの教科書キャンペーン
記入ミスが多くなっております。必ず正しいメールアドレス、本名がご記入されているかご確認ください。

メールアドレス  
お 名 前  
Amazon注文番号記入欄  


 
  • ◆ご紹介いただいたブロガー様、メルマガ発行者様
  • 二木俊介さん「小僧社長の「オフレコでお願いします」 http://ameblo.jp/nikishun/entry-10181955003.html  
  • 松宮義仁さん「シンプルマッピング的GLOG」 http://ameblo.jp/p-brand/entry-10182766187.html
  • ご紹介頂いたブロガーさん、メルマガ発行者さんはぜひこちらから掲載先URL(バックナンバーURL)とお名前を教えて下さい!こちらからお礼に逆紹介リンクを貼らせていただきます。*内容が不適切と思われるものに関しては弊社基準により判断させて頂きますのでご了承ください。